印賀の古都家の七代目・佐吉が分家して下石見に移った、その三代目が古都源八久富(1689-1737)である。

●坪上山(つぼかみやま)一揆を鎮静
享保17(1732)年ごろ、ウンカの大発生により大凶作となり、西日本で多数の餓死者が出る事態となった。藩の年貢の取り立てに追い詰められ、因幡と伯耆の農民が一揆を起こし、伯耆勢は淀江の坪上山に結集した。源八久富は坪上山に赴き、衆を鎮め、藩との交渉にあたり、一揆を解散に導いた。

●常福寺に経蔵建立
元文元年(1736)年、多里の常福寺の住職・台翁(だいおう)和尚が経蔵を
建立するにあたり、源八久富自ら寄進するとともに、郡内一円に浄財を
募り、物心両面で支えた。
また、長楽寺(日野町)が由緒ある寺であるのに荒廃しているのを嘆いて、
その再興にも尽力したと伝えられている。







【参考文献】 『日南町史』 『日南町史資料 その二』 『下の岩』
         『日野郡史』 『日野郡の大庄屋』

常福寺 経蔵

にちなんむかし歩き TOP
次
前

日野郡の大庄屋・古都源八久富
(ふるいち げんぱち ひさとみ)
【下石見】

              県指定保護文化財に指定
  2014年4月、常福寺の経蔵と山門が鳥取県指定保護文化財に指定され
  ました。一切経が納められている経蔵の中には、源八久富の木像も奉られ
  ています。六角形の「なまこ壁」は鳥取県最古といわれています。