資料の取り扱いについて

図書館の資料は、町民の貴重な財産です。丁寧に扱ってください。

●視聴覚資料は、丁寧に扱ってください。
 CDやDVDはとても傷つきやすいものです。 無理にケースから取り出そうとすると、破損する場合 があります。ケースから取り出す時は、十分に注意してください。

●小さいお子さんがご利用になる場合、必ず保護者の方が取り扱い、操作をしてください。
 「お子さんがケースから取り出そうとして破損」 「ディスクを踏んで真っ二つに割ってしまった」 
このような資料の破損が発生していますので、ご注意ください。

●VHSは、次の方のために最初まで巻き戻してからご返却ください。

●視聴覚資料は図書館のカウンターへ直接ご返却ください。
 返却ポストへの返却は、破損の恐れがあるため、ご遠慮ください。
資料本体や解説書などを汚損・破損・紛失された場合、弁償していただきます。汚損・破損・紛失された場合は図書館へご連絡ください。

※ご注意ください※
図書館のビデオ・DVDは、図書館で利用することを著作権者が許諾した商品を購入しています。
貸出のための補償金を支払い購入しているため、価格が市販のものより高額です。
※弁償の際も図書館用に貸出許諾を得た商品を購入していただきます。

●書き込み、切り取り、ページ折は絶対にしないでください。
 もし、利用している本や雑誌に 書き込みや切り取りを見つけた場合は、職員にお伝えください。

●水ぬれにご注意ください。
 雨や飲み物によって資料がぬれて、使えなくなってしまう事があります。一度ぬれて汚れてしまった紙は、元には戻せません。カビが発生することもあります。雨の日は、かばん等に入れるなどして、ぬれないようにご注意ください。

●誤って汚したり、破損してしまったら。
 必ず、返却時に申し出てください。資料の状態によっては、弁償していただくことがあります。なお、ご自分で修理はなさらないで、そのまま図書館へお持ちください。図書の修理は修理専用テープやのりを使用します。
 ※セロハンテープは時間が経つと劣化して、かえって資料を傷めてしまいます

●紛失してしまったら。
 まずは図書館にご連絡ください。図書館に返却されていることもあります。しばらく、探しても見つからない場合は、弁償していただきます。